DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >

Browsing by Author 川喜田健司

Jump to: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
or enter first few letters:   
Sort by: In order: Results/Page Authors/Record:
Showing results 1 to 50 of 114
 next >
Issue DateTitleAuthor(s)jtitleVolumeIssueStart-pageEnd-page
1996WHOの鍼に関するガイドラインについて川喜田健司医道の日本55107174
2000WHOの鍼に関するガイドラインについて(1)川喜田健司医道の日本592118126
2000WHOの鍼に関するガイドラインについて(2)川喜田健司医道の日本593125133
2006ここまでわかった鍼灸医学:基礎と臨床との交流−慢性疼痛に対する鍼灸の効果と機序−樫葉均; 石丸圭荘; 伊藤和憲; 今井賢治; 渡邊一平; 川喜田健司; KASHIBA Hitoshi; ISHIMARU Keiso; ITO Kazunori; IMAI Kenji; WATANABE Ippei; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌562108126
2008これからの鍼灸医療・鍼灸師を考える 国民のための医療推進を目指す 研究作業部会報告(H18・19年度)川喜田健司; 篠原昭二; 山口智; 野口榮太郎; 武田大輔; 古屋英治; 中田和宏; 形井秀一; 角谷英治; 高橋則人全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)583363363
2009しびれ感覚と皮膚血流および求心性神経活動の変化林聖子; 岡田薫; 智原栄一; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)593357357
2008しびれ感覚の変化と求心性線維の興奮性との関連についての検討林聖子; 瓜生典子; 渡部正司; 岡田薫; 智原栄一; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)583471471
1984まとめ及び今後の課題川喜田健司; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌342101102
1998ヒト屈曲反射を指標にした熱刺激効果の検討伊藤和憲; 村瀬健太郎; 岡田薫; 川喜田健司; ITO Kazunori; MURASE Kentaro; OKADA Kaoru; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌48119
2010ベストケース症例集積のすすめ篠原昭二; 金井正博; 形井秀一; 鈴木雅雄; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)603456456
2005マイクロニューログラムによる通電刺激と求心線維の選択性および自律神経反応の検討智原栄一; 西村展幸; 伊藤和憲; 川喜田健司明治鍼灸医学-36168169
2003モデル動物における筋・骨格系の痛みに対する鍼灸の除痛機構の解析川喜田健司厚生科学研究研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の筋・骨格系の痛みに対する鍼灸及び徒手的治療法の除痛効果に関する基礎的および臨床的研究-平成14年度3643
2005モデル動物における筋・骨格系の痛みに対する鍼灸の除痛機構の解析川喜田健司厚生科学研究研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の筋・骨格系の痛みに対する鍼灸及び徒手的治療法の除痛効果に関する基礎的および臨床的研究-平成16年度5765
2004モデル動物における筋・骨格系の痛みに対する鍼灸の除痛機構の解析川喜田健司厚生科学研究研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の筋・骨格系の痛みに対する鍼灸及び徒手的治療法の除痛効果に関する基礎的および臨床的研究-平成15年度5765
2007モノヨード酢酸誘発関節炎モデルラットに対する灸刺激の鎮痛効果瓜生典子; 林聖子; 渡部正司; 岡田薫; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)573432432
2008圧迫虚血負荷によるしびれモデル作成の試み しびれ感覚と求心性神経の興奮性との関連についての検討林聖子; 岡田薫; 川喜田健司; 智原栄一明治鍼灸医学(0912-2419)-415960
2007医療を極める 鍼灸の科学川喜田健司アニムス(1342-0119)1224044
1993仮想実験による鍼の研究方法と評価法の検討川喜田健司; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌4312027
1996家兎前脛骨筋の緊張力に及ぼす置鍼の影響伊藤 譲; 松本 勅; 川喜田健司; ITO Yuzuru; MATSUMOTO Tadasu; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌464326333
2005我が国における鍼灸の利用状況等に関する全国調査その1 鍼灸治療の利用状況について石崎直人; 岩昌宏; 矢野忠; 小野直哉; 西村周三; 川喜田健司; 丹沢章八; ISHIZAKI Naoto; IWA Masahiro; YANO Tadashi; ONO Naoya; NISHIMURA Shuzo; KAWAKITA Kenji; TANZAWA Shohachi全日本鍼灸学会誌555697705
2007我が国の鍼灸治療利用に関する全国調査 2006年3月調査の結果石崎直人; 矢野忠; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)573423423
2008我が国の鍼灸治療利用に関する全国調査 筋骨格系愁訴に対する鍼灸治療の満足度石崎直人; 矢野忠; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)583510510
2010学会の課題と展望 研究部の活動報告 現状と課題と展望川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)603377377
2005間接灸が施設入所高齢者の風邪症状に及ぼす影響−単一被験者研究法を用いた臨床試験の試み−高橋則人; 鶴浩幸; 江川雅人; 松本勅; 川喜田健司; TAKAHASHI Norihito; TSURU Hiroyuki; EGAWA Masato; MATSUMOTO Tadasu; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌555706715
2008顔の表情を用いた評価法の検討渡部正司; 岡田薫; 川喜田健司明治鍼灸医学(0912-2419)-416060
2008顔の表情を用いた評価法の検討渡部正司; 岡田薫; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)583503503
2000基礎講座/トリガーポイントに関する基礎的な研究伊藤和憲; 岡田薫; 川喜田健司; ITO Kazunori; OKADA Kaoru; KAWAKITA Kenji鍼灸OSAKA1645965
2009灸刺激によるフレア反応へのカプサイシン脱感作の影響神田浩里; 岡田薫; 川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)593356356
1984灸刺激の受容器について川喜田健司日本良導絡自律神経雑誌296138140
1986灸刺激の鎮痛効果の部位差について川喜田健司; 河村広定; KAWAKITA Kenji; KAWAMURA Hirosada全日本鍼灸学会誌362131134
2007業界にまつわるあんな疑問こんな疑問 「鍼鎮痛をもたらすエンドルフィンの分泌」って何?川喜田健司医道の日本665139142
2006業界にまつわるあんな疑問こんな疑問 動物実験で鍼灸の何が明らかになるの?川喜田健司医道の日本6510119123
2005局所治療と遠隔部治療−運動器疾患を対象としてⅢ−・・・・局所治療の適応と限界、遠隔部治療の適応と限界・・・・小川卓良; 形井秀一; 川喜田健司; 篠原昭二; 白石武昌; 山田勝弘; 大沢秀雄; OGAWA Takayoshi; KATAI Shuichi; KAWAKITA Kenji; SHINOHARA Shoji; SHIRAISHI Takemasa; YAMADA Katsuhiro; OSAWA Hideo全日本鍼灸学会誌5512843
1998屈曲反射を指標とした刺激部位と刺激強度による抑制効果の違いの検討伊藤和憲; 村瀬健太郎; 岡田薫; 川喜田健司; ITO Kazunori; MURASE Kentaro; OKADA Kaoru; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌4811016
1988研究委員会基礎班ワークショップ”硬結をめぐって(Ⅲ)”そのⅠ後藤和廣; 河村廣定; 小田博久; 佐々木和郎; 辻井洋一郎; 川喜田健司全日本鍼灸学会誌384461-
2007研究部適応症委員会における鍼灸臨床研究文献データベース構築の目的川喜田健司全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)573329329
1998研究部臨床部門プロジェクト研究中間報告北小路博司; 川喜田健司; 篠原昭二; 七堂利幸; 森英俊; 佐々木和郎; 石神龍代; 中村弘典; 角谷英治; KITAKOJI Hiroshi; KAWAKITA Kenji; SHINOHARA Shoji; SHICHIDO Toshiyuki; MORI Hidetoshi; SASAKI Kazuro; ISHIGAMI Tatsuyo; NAKAMURA Hironori全日本鍼灸学会誌483305314
2004肩こり患者のトリガーポイントから記録された自発放電活動について−僧帽筋にトリガーポイントが存在した1症例−伊藤和憲; 北小路博司; 川喜田健司; ITO Kazunori; KITAKOJI Hiroshi; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌54194101
1986硬結について−質問表の回答に関する中間報告−川喜田健司; KAWAKITA Kenji全日本鍼灸学会誌3613641
2008高齢者の歩行能に対する鍼治療の効果木田匡美; 松本勅; 高橋則人; 江川雅人; 川喜田健司明治鍼灸医学(0912-2419)-411119
2005国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには 今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 受療者の健康レベルと利用目的矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本6410125132
2007国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには 今、鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 受療意向について矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司医道の日本(0287-6760)668169175
2006国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 3大症状(腰痛・肩こり・膝痛)に対する受療行動矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本654149158
2006国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 治療費について矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本656114119
2005国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 鍼灸医療に関する受療と非受療の理由矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本6412125130
2006国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 鍼灸医療に対する受療者の視点矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本651170176
2006国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 鍼灸医療の認知度矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本655129133
2005国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今,鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察(その1)鍼灸医療の利用率と鍼灸医療の市場規模について矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司; 丹澤章八医道の日本649138146
2007国民に広く鍼灸医療を利用してもらうためには今、鍼灸界は何をしなければならないのか 鍼灸医療に関するアンケート調査からの一考察 総括 鍼灸医療に対して国民の声が示したこと矢野忠; 石崎直人; 川喜田健司医道の日本(0287-6760)669168174
2007腰痛に対する鍼灸治療 痛みのメカニズム川喜田健司現代鍼灸学714350
Showing results 1 to 50 of 114
 next >

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback