DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0951.pdf134.16 kBAdobe PDFView/Open
Title: 全日本鍼灸学会研究部会経穴部位標準化委員会ワークショップ報告WHO経穴部位国際標準化に関する非公式諮問会議の経緯と検討内容について
Other Titles: Informal Consultation Meeting on Development of International StandardAcupuncture Point Locations
Authors: 形井秀一
篠原昭二
浦山久嗣
河原保祐
香取俊光
小林健二
坂口俊二
KATAI Shuichi
SHINOHARA Shoji
URAYAMA Hisatsugu
KAWAHARA Yasuhiro
KATORI Toshimitsu
KOBAYASHI Kenji
SAKAGUCHI Shunji
Keywords: 第二次日本経穴委員会
WHO
経穴部位国際標準化に関する非公式諮問会議
経穴
経穴検討の原則
Issue Date: 2005
Abstract: 2003年10月にマニラにおいて第1回標記会議がスタートして、2005年6月までに、5回の会議が開催された。予定では、2006年の秋に最終会議が開催されるので、丁度行程の半分が終了したことになる。そこで、これまでの同会議の歩み、検討原則、検討内容などをまとめて中間報告とする。
URI: http://hdl.handle.net/10592/16420
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 55
Issue: 5
Start page: 736
End page: 747
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/16420

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback