DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0211.pdf488.18 kBAdobe PDFView/Open
Title: 通院患者における循経感伝現象(PSC)についての統計的検討(第1報)
Other Titles: A Statistical Study on Propagated Sensation along the Channels (PSC)of outpatients
Authors: 神野英明
山下 茂
王 財源
豊田住江
河内 明
南川正純
兵頭正義
北出利勝
津中俊典
JINNO Hideaki
YAMASHITA Shigeru
WANG Cai Yuan
TOYOTA Sumie
KAWACHI Akira
MINAMIKAWA Masazumi
HYODO Masayoshi
KITADE Toshikatsu
Keywords: PSC
循経感伝現象
経絡現象
Issue Date: 1985
Abstract: 循経感伝現象(Propagated Sensation along the Channels| PSC)とは、鍼刺などを用いて経穴を刺激する際に、若干の人々に出現する経絡に沿って分布する特殊な感覚伝達現象のことをいう。今回は、鍼灸治療を受けている通院患者を対象に、疾患別にPSCの出現率を検討した。12経絡の井穴を基本にして、それに内至陰を加えて全部で26ヵ所に低周波鍉鍼刺激を行い、中国での方法と同様に、4段階に分けて判定した。その結果、通院患者は健康青年に比べて有意に出現率が高く、なかでも、ムチウチ症や高血圧症患者などは、その他の患者よりも出現率が高かった。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17005
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 35
Issue: 2
Start page: 126
End page: 131
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17005

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback