DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0519.pdf882.43 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼灸施術所に来院する患者の泌尿器系愁訴の保有率について (全日本鍼灸学会学術部研究委員会泌尿器班)
Other Titles: The Survey of The Urinary Complaints of The Outpatients in Acupuncture Clinics
Authors: 北小路博司
工藤大作
形井秀一
左海隆生
鈴木由紀子
津田昌樹
大沢秀雄
辻本考司
本城久司
KITAKOJI Hiroshi
KUDO Daisaku
KATAI Shuichi
SAKAI Takao
SUZUKI Yukiko
TSUDA Masaki
OSAWA Hideo
TSUJIMOTO Takashi
Keywords: 泌尿器系愁訴
鍼療法
灸療法
調査
Issue Date: 1993
Abstract: 鍼灸施術所に来院する患者の泌尿器系愁訴の保有率を調査した。男性188人,女性329人の合計527人(平均年齢59.2±14.9歳)を対象とした。高齢化が進むに伴い泌尿器系の愁訴が多くみられることが確認された。発現頻度の高い愁訴は,夜間頻尿(25.8%),尿意切迫(17.7%),腹圧性尿失禁(16.3%),残尿感(15.2%),再延性排尿(12%)および遷延性排尿(11.3%)の6愁訴であった。これらの愁訴の多くは夜間頻尿を伴う事が多く問診のKey wordとなる事が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17007
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 43
Issue: 3
Start page: 99
End page: 108
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17007

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback