DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0431.pdf575.22 kBAdobe PDFView/Open
Title: 経穴刺激の意義(4)—被刺激性の個体特性の検討—
Other Titles: A Study of Physiological Roles of Acupuncture Stimulation in the MMP (| : Individual Properties and Irritability
Authors: 影山照雄
大場雄二
木戸正雄
鮫島恭夫
高倉伸有
永井英一
澤津川正一
白石武昌
KAGEYAMA Teruo
OBA Yuji
KIDO Masao
SAMESHIMA Yasuo
TAKAKURA Nobuari
NAGAI Eiichi
SAWATSUGAWA Shoichi
SHIRAISHI Takemasa
Keywords: 鍼鎮痛
経穴刺激
時値
実虚
Issue Date: 1990
Abstract: “温溜”電気刺激に対する個体の応答性を、”合谷”および”曲池”穴に刺針し、その反応を神経生理学的特性から検討した。その結果、”温溜”電気刺激により強さ-時間曲線が得られ、rheobase、utilization time、chronaxieとも従来のin vitro等での成績と矛盾のない結果が得られた。 刺激に対する応答性としての、すなわち被刺激性であるchronaxieは、女は男より明らか(p<0.01)に低かった。刺針刺激によるchronaxieへの影響は、”無処置”に比べて”合谷”刺針が”曲池”刺針より明らか(p<0.0|に短縮した。従って、これらの成績から、臨床や研究の場において、個体の針刺激に対する応答性を考慮にいれて、有効性の判定などを行わなければならないことが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17039
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 40
Issue: 4
Start page: 351
End page: 357
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17039

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback