DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0702.pdf132.11 kBAdobe PDFView/Open
Title: 頚椎、腰椎MRI所見と臨床所見との比較─鍼灸臨床における理学的所見の意義─
Other Titles: The correlation between the findings on MRI of spinal disorders and physical signs—The meaning of physical signs in clinical acupunctre therapy—
Authors: 竹田 博文
米山 榮
于 思
尾崎 朋文
米山 義
TAKEDA Hirofumi
YONEYAMA Sakae
YU Si
OZAKI Tomofumi
YONEYAMA Tadashi
Issue Date: 1999
Abstract: 近年、MRIは脊柱の診断を行う上で重要な進展を与えた。しかし、臨床上MRIによって見い出される異常については、大いに議論がなされている。今回の研究においては、我々は頚肩部及び腰に痛みを有する患者の臨床所見と、MRIとの関係を明らかにする為に検討を行った。臨床所見の異常は分節性の知覚障害、筋萎縮、根性痛とし、MRI異常所見はbulge、protrusion、extrusion、osteophyteとした。臨床所見で異常が認められず、MRI所見で異常所見を認めたものは45例中26例(57.7%)、MRI所見、臨床所見とも異常を認められたものは45例中14例(31.1%)、MRI所見、臨床所見とも正常のものは45例中5例(11.1%)であった。これらの結果は臨床において頚、肩、腰に痛みを有する患者では、MRIよりも臨床所見が、より重要であることを示唆した。したがって、鍼灸臨床家は患者の臨床診察をより詳細に行うべきであると考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17073
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 49
Issue: 3
Start page: 393
End page: 403
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17073

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback