DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0373.pdf740.65 kBAdobe PDFView/Open
Title: 陰部神経刺鍼の解剖学的検討
Other Titles: Anatomical Consideration of the Acupuncture to the Pudendal Nerve
Authors: 北小路博司
北村清一郎
松岡憲二
金田正徳
中村辰三
KITAKOJI Hiroshi
KITAMURA Seiichiro
MATSUOKA Kenji
KANEDA Masanori
NAKAMURA Tatsuzo
Keywords: 鍼療法
陰部神経
刺激部位
解剖
ヒト
Issue Date: 1989
Abstract: 上後腸骨棘と坐骨結節下端中央を結ぶ線上で下方より1/3の点にある陰部神経刺激点に刺入された針と陰部神経の位置関係、および仙棘靱帯上の陰部神経の体表投影部位を日本人遺体18体(男性9名、女性9名)の両側陰部神経を対象に調査した。陰部神経刺激点への刺入針は仙棘靱帯上における陰部神経の尾側もしくは尾外側に集中した。仙棘靱帯上の陰部神経は、内外方向には上後腸骨棘と坐骨結節下端内側をつなぐ線上もしくはそのやや外側に位置し、吻尾方向では上後腸骨棘と坐骨結節下端の間で上方より50~60%の領域に位置した。仙骨角の高さは陰部神経の吻側半もしくはこれより吻側、尾骨下端の高さは陰部神経より尾側の高さに相当した。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17098
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 221
End page: 228
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17098

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback