DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0371.pdf780.94 kBAdobe PDFView/Open
Title: 後仙骨孔(八髎穴)への刺鍼に関する解剖学的検討
Other Titles: Anatomical Consideration of the Acupuncture to the Dorsal Sacral Foramina
Authors: 金田正徳
北村清一郎
松岡憲二
中村辰三
KANEDA Masanori
KITAMURA Seiichiro
MATSUOKA Kenji
NAKAMURA Tatsuzo
Keywords: 後仙骨孔
刺鍼部位解剖
ヒト
Issue Date: 1989
Abstract: 竹之内と濱添の取穴法に基づいて刺入した次膠穴への刺入針と第2後仙骨孔の位置関係、および体表より触知し得る上後腸骨棘や仙骨角を指標とした後仙骨孔の体表投影位置を解剖学的に検討した。得られた結果は次の如くである。1.竹之内と濱添の取穴法による次膠穴への刺入針は、第2後仙骨孔の下方あるいは下外方に集中した。2. 第1~4後仙骨孔は、内外方向には後正中線と上後腸骨棘間のほぼ中間に位置した。3. 吻尾方向には、第1後仙骨孔は上後腸骨棘とほぼ同じ高さに位置し、第2から第4後仙骨孔は上後腸骨棘と仙骨角間の吻尾方向距離をほぼ4等分する3点に一致した。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17104
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 203
End page: 211
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17104

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback