DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0541.pdf397.18 kBAdobe PDFView/Open
Title: 変形性腰椎症に対する鍼治療の効果—運動療法,SSP療法との併用治療の効果—
Other Titles: Effects of Acupuncture on Spondylosis Deformans of Lumbar Spine
Authors: 石井 努
池内隆治
勝見泰和
松本 勅
片山憲史
越智秀樹
ISHII Tsutomu
IKEUCHI Takaharu
KATSUMI Yasukazu
MATSUMOTO Tadasu
KATAYAMA Kenji
OCHI Hideki
Keywords: 変形性腰椎症
鍼治療
腰痛
運動療法
SSP療法
Issue Date: 1994
Abstract: 変形性腰椎症の患者40名(男性28名,女性12名,年齢42~80才,平均61.2才)に対して運動療法とSSP療法を併用した鍼治療を行い,ペインスケール法を用いて治療効果の検討を行った。鍼治療は腎兪,志室,大腸兪など腰部を中心に雀啄術を行い,ほかに症状に応じて治療点を加えた。鍼治療の後に,運動療法としてWilliams Exerciseより,腹筋・背筋の強化運動および背筋とハムストリングスのストレッチ運動を行わせた。そのうち背筋の強化運動中には背筋部にSSP療法を併用した。その結果,平均治療回数5.6回,治療期間は35.9日であり,治療効果はペインスケールで10から0または1に改善した著効が22.5%,2~5に改善した有効が55.0%,6~8に改善したやや有効が20.0%となり良好な治療成績が得られた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17123
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 44
Issue: 3
Start page: 244
End page: 248
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17123

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback