DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0502.pdf299.25 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼灸古典手技『透天涼』による施術、局所および経絡上の温度変化について
Authors: 王 財源
遠藤 宏
豊田住江
河内 明
北出利勝
兵頭正義
WANG Cai Yuan
ENDO Hiroshi
TOYOTA Sumie
KAWACHI Akira
KITADE Toshikatsu
HYODO Masayoshi
Issue Date: 1992
Abstract: 中国の鍼灸補瀉手技のひとつに「透天涼」と呼ぶ鍼技法がある。古くから伝えられて来た刺入方法で、涼しいような、冷たい、あるいは寒いといった寒冷感覚が局所に引き起こされる。今回、腰痛疾患5例を対象として、局所と遠位の皮膚温度および深部温度を測定した結果、局所より遠位部において、温度が下降していくような現象が認められた。また、患者自身の自覚症状においても「冷たくなるような」、「足が冷えて急にトイレへ行きたくなった」などの感覚が引き起こされた。特に炎症症状のある急性期の腰痛患者では、「大変に気持ちが良い」とのことであった。統計学的にも有意な差が認められた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17216
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 42
Issue: 4
Start page: 319
End page: 322
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17216

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback