DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0131.pdf643.74 kBAdobe PDFView/Open
Title: 泌尿器系の癌性疼痛に対する鍼麻酔方式による治療効果
Other Titles: Effect of acupuncture anesthesia for urolpgical cancer pain.
Authors: 嶋俊和
森英俊
西條一止
加納勝利
SHIMA Toshikazu
MORI Hidetoshi
NISHIJO Kazushi
KANO Shori
Keywords: 
皮膚表面電極刺激(TNS)
癌性疼痛
泌尿器
Issue Date: 1983
Abstract: 泌尿器疾患の癌性疼痛患者を疼痛の発症原因により4タイプに分類し、鍼麻酔方式を中心とした治療効果を検討した。対象患者は、32症例(男30例、女2例)で年齢21~84歳(平均59.9歳)。癌の部位は膀胱癌、前立腺癌が多く、鍼治療の対象とした主訴は、腰痛、臀部痛、下肢痛などである。鍼治療法は、1Hz20~30分間の鍼麻酔方式を中心とし、週5日間行った。治療期間は9日~1年6か月(平均107日)であった。その結果、神経麻痺のある骨転移症例においては、癌性悪液質が見られる段階では治療効果は見られなかったが、比較的軽症な神経麻痺のない骨転移症例に対しては有効な場合が多かった。また動注カテーテル薬剤浸潤やリンパ節転移による痛みに対しては、ほとんど効果はなかった。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17225
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 33
Issue: 3
Start page: 285
End page: 292
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17225

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback