DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0778.pdf1.01 MBAdobe PDFView/Open
Title: 清熱解毒の鍼による異病同治の症例
Other Titles: Same Treatment for Different Diseases by AcupunctureUsing the Seinetugedoku Needling Technique
Authors: 大八木敏弘
堀内久子
藤本蓮風
OYAGI Toshihiro
HORIUCHI Hisako
FUJIMOTO Renpu
Issue Date: 2001
Abstract: 鍼灸治療における清熱解毒の鍼法は、一般的には曲池、委中、大椎、合谷、内庭、手足の井穴などの刺鍼又は刺絡などで対応する。北辰会の清熱解毒に対する刺鍼法は、藤本北辰会代表が『外台秘要方』の黄連解毒湯、『素問』刺熱篇などからヒントを得て考案したものである。その配穴は、霊台、両督兪と脊中、両脾兪に横刺をする。この組み合わせ配穴は、気分の種々の熱性疾患に対して清熱解毒作用が顕著に得られる。このことを11症例から検証し、これらの異病同治の症例から清熱解毒刺鍼法の治効範囲を確認した。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17249
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 51
Issue: 4
Start page: 507
End page: 512
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17249

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback