DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0875.pdf110.61 kBAdobe PDFView/Open
Title: 線維性筋痛症候群が疑われた1症例に対する鍼治療の試み
Other Titles: Effect of Acupuncture Treatment on a Fibromyalgia-like Syndrome Patient
Authors: 伊藤和憲
越智秀樹
北小路博司
勝見泰和
ITO Kazunori
OCHI Hideki
KITAKOJI Hiroshi
KATSUMI Yasukazu
Issue Date: 2003
Abstract: 【目的】全身の疼痛や倦怠感を主訴とする患者に対して、線維性筋痛症候群の概念を取り入れた鍼治療を試みた。 【症例および方法】44歳の女性で、事故3週間を過ぎた頃から症状が肩・頚部を中心とした全身の疼痛・疲労感に変化し、次第に睡眠障害が見られるようになったため鍼治療の開始となった。治療効果の評価には、VAS(痛みの状態)・PDAS(疼痛生活障害評価尺度)・全身の圧痛閾値を用いた。 【結果】当初、鍼治療は全身的な治療を基本とし、症状が強いときは肩・頚部の局所治療を行ったが、13回の治療にも関わらずVASやPDAS変化が見られなかった。全身の各部位に圧痛が存在していたため、14回目以降は線維性筋痛症候群の概念を取り入れて鍼治療を行ったところ、17回目にはVASの低下と圧痛閾値の上昇が見られ、それに伴いPDASも改善した。 【考察】全身の疼痛や倦怠感を主訴とする疾患には線維性筋痛症候群の概念を取り入れた治療が1つの選択肢となる可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17260
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 53
Issue: 5
Start page: 658
End page: 664
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17260

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback