DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0761.pdf148.75 kBAdobe PDFView/Open
Title: 高齢者の知的機能および日常生活動作に及ぼすTEAS治療の効果について
Other Titles: Effect of TEAS (Transcutaneous Electrical Acupuncture PointStimulation) on Intellect and Daily Activity of the Aged.
Authors: 澤田 規
澤田千浩
福田文彦
矢野 忠
丹澤章八
SAWADA Tadashi
SAWADA Chihiro
FUKUDA Fumihiko
YANO Tadashi
TANZAWA Shohachi
Keywords: 認知機能
日常生活動作
Issue Date: 2001
Abstract: TEAS治療が、高齢者の知的・認知機能および日常生活の活動性に及ぼす効果を検討する目的で、70歳以上の患者93名を無作為に運動療法のみを行う群(運動療法単独群)と運動療法にTEAS治療を併用する群(TEAS併用群)に分け、HDS-Rおよび老人行動評価尺度を指標に検討した。その結果、1)運動療法単独群およびTEAS併用群ともに、HDS-R、老人行動評価尺度のスコアは有意に増加し、改善傾向を示した。その傾向を強く示した項目は、HDS-Rでは日時の見当識・記憶の再生・物品呼称、老人行動評価尺度では聴覚と摂食以外のすべての項目であり、両指標とも改善した患者はTEAS併用群において多かった。2)治療前のHDS-Rのスコアを基準に対象者を4つに層別化した。21点以上および16~20点の層では運動療法単独群およびTEAS併用群ともにスコアは有意に増加する傾向を示した。11~15点の層でも両群ともスコアは有意に増加を示したが、改善例はTEAS併用群が有意(p=0.05|に多かった。なお10点以下の層では、両群とも変化は認められなかった。以上の結果から、運動療法は高齢者の知的・認知機能および日常生活の活動性を高めるが、TEAS治療を併用することでよりその効果を高めることが認められた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17264
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 51
Issue: 1
Start page: 69
End page: 80
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17264

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback