DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0595.pdf942.12 kBAdobe PDFView/Open
Title: 上頸神経節への刺鍼方法の解剖学的検討
Other Titles: An Anatomical Consideration on Acupuncture to the Superior Cervical Ganglia
Authors: 森 俊豪
竹下イキコ
尾崎朋文
坂本豊次
西崎泰清
北村清一郎
MORI Shungo
TAKESHITA Ikiko
OZAKI Tomofumi
SAKAMOTO Toyotsugu
NISHIZAKI Yasukiyo
KITAMURA Seiichiro
Keywords: 上頸神経節
体表投影位置
刺鍼方法
Issue Date: 1996
Abstract: 遺体を用いて計測した上頸神経筋と体表指標構造との位置関係から,乳様突起下端の30mm下方で,頸部外側から頸椎横突起の直前に向けて水平方向に刺鍼する外側刺入法と,舌骨端外端を刺入点とし,上方45度,外方15度に向けて頚椎横突起前面まで刺入する前部刺入法の2つの上頸神経節刺鍼法を考案した。ついで,上記刺鍼法による刺入鍼の神経節への的中率と,刺入鍼の周辺諸構造との位置関係を別の遺体で調べ,外側刺入法では,神経節への的中率は高いものの,内頸動。静脈や外頚動脈を貫く可能性の高いこと,および前部刺入法では,的中率はやや低くなるものの,内頚動・静脈や外頚動脈を貫く可能性が低いことを明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17293
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 46
Issue: 2
Start page: 70
End page: 79
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17293

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback