DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0923.pdf150.15 kBAdobe PDFView/Open
Title: スポーツに起因した慢性腰痛に対するトリガーポイント鍼治療の試み−大学生のスポーツ選手を対象としたアンケート調査と鍼治療の効果−
Other Titles: The Effect of Trigger Point Acupuncture Treatment onSport-induced Chronic Low Back Pain-Questionnaire and Acupuncture Treatment for University Students -
Authors: 伊藤和憲
井上智弘
羽根田雄介
越智秀樹
北小路博司
ITO Kazunori
INOUE Tomohiro
HANEDA Yusuke
OCHI Hideki
KITAKOJI Hiroshi
Keywords: トリガーポイント
慢性腰痛
スポーツ障害
スポーツ選手
アンケート調査
Issue Date: 2005
Abstract: 【目的】スポーツを長期間行っているものは何らかの障害を抱えていることが多いが、その実態は明らかではない。そこでクラブ活動を行っている大学生を対象に、アンケート形式でスポーツ障害について調査すると共に、アンケートの中で最も多かった腰痛に対して、トリガーポイント鍼治療の効果を検討した。 【方法】明治鍼灸大学の学生で、運動系のクラブに加盟している350 名の中から無作為に150 名を選び、競技種目やスポーツ障害の有無、疼痛部位や罹病期間など12 項目に対して、アンケート調査を無記名の用紙項目法で実施した。また、アンケート調査の中で最も多かった腰痛に対して、腰痛に効果的と報告されている経穴への治療とトリガーポイント治療の効果を検討した。 【結果】アンケートの有効回答率は68.6% であり、回答者の平均年齢は20.3±1.7 歳、競技種目としてはサッカーが最も多く、全体の77.6% でスポーツに伴う何らかの痛みが存在していた。障害部位としては腰殿部が最も多く、罹病年数は平均3.1±2.3 年であった。また、受診した治療機関としては鍼灸院が最も多かったが、その半数で治療効果がなかったと回答した。一方、最も多かった腰痛に対して鍼治療を試みたところ、経穴治療よりもトリガーポイント治療の方が腰痛に改善が認められた。 【考察】今回行ったアンケート結果から、スポーツ選手の多くは何らかの疼痛を抱えており、その痛みは慢性化する傾向にあった。一方、スポーツ選手の慢性腰痛治療には、疼痛局所へ刺鍼を行うよりも、原因となる筋肉を把握し治療を行うほうが有効であった。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17301
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 55
Issue: 2
Start page: 142
End page: 149
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17301

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback