DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0596.pdf409.11 kBAdobe PDFView/Open
Title: ストレプトゾトシン糖尿病ラットに対する鍼治療の効果(Ⅰ)
Authors: 中村弘典
黒野保三
石神龍代
堀  茂
皆川宗徳
鈴木 光
NAKAMURA Hironori
KURONO Yasuzo
ISHIGAMI Tatsuyo
HORI Shigeru
MINAGAWA Munenori
SUZUKI Hikaru
Keywords: 糖尿病
ストレプトゾトシン
血糖値
合併症
鍼治療
Issue Date: 1996
Abstract: 糖尿病には多くの病型があり,病態も多種多様であり,ストレプトゾトシン処理による糖尿病はインスリン依存型といわれている。我々は鍼治療の糖尿病への有効性について検討するため,ストレプトゾトシン糖尿病ラットに対し鍼治療を行い,空腹時血糖値及び体重の変化について検討した。その結果,鍼治療群は対照群に比べ空腹時血糖値において有意な低下が認められた。また,鍼治療群は対照群に比べ体重が増加する傾向にあった。さらに,鍼治療群は対照群に比べ体重1g当たりの空腹時血糖値において有意な低下が認められた。以上のことから,ストレプトゾトシン糖尿病ラットにおいて鍼治療は血糖を低下させ,体重増加を促進することがわかった。因果関係についてはまだ不明であるが,膵臓のβ細胞のインスリン分泌障害や末梢でのグルコースの代謝に対する何らかの影響などが推察された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17370
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 46
Issue: 2
Start page: 80
End page: 84
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17370

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback