DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0476.pdf316.61 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼灸古典手技『焼山火』による施術、局所および経絡上の温度変化について
Authors: 王 財源
遠藤 宏
豊田住江
河内 明
北出利勝
兵頭正義
WANG Cai Yuan
ENDO Hiroshi
TOYOTA Sumie
KAWACHI Akira
KITADE Toshikatsu
HYODO Masayoshi
Keywords: 鍼刺激
中国鍼法
皮膚温度変化
Issue Date: 1991
Abstract: 『焼山火』は中国古来より刺鍼手技のひとつとして用いられてきた補法の変法手技である。刺鍼時において、熱感や腫れぼさ覚え、虚証で冷え性の患者に古くから行われてきた。では果たして指針時において皮膚表面温度・深部温度・血流量がどのように変化をするか、古来より伝えられてきた方法を用いて観察を行なった。今回は特に中国の老中医師に指導を賜わり研究を進め、臨床的試験の結果、皮膚温度・深部温度に上昇傾向が認められた。特に遠位部における皮膚温度と深部温度は、刺激後40分目には1.0℃以上の上昇が認められた。局所においても0.5℃以上の温度上昇が認められた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17373
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 41
Issue: 4
Start page: 370
End page: 373
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17373

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback