DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0150.pdf531.18 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼治療による反復性扁桃炎の予防に関する臨床的研究(第2報)
Other Titles: Clinical Study on the Prevention of Recurrernt Tonsillitis          by Acupuncture(II)
Authors: 吉川恵士
西條一止
矢澤一博
森 英俊
坂井友実
佐々木和郎
緒方昭広
嶋 俊和
栗原勝美
YOSHIKAWA Keishi
NISHIJO Kazushi
YAZAWA Kazuhiro
MORI Hidetoshi
SAKAI Tomomi
SASAKI Kazuro
OGATA Akihiro
SHIMA Toshikazu
Issue Date: 1984
Abstract: 私たちは、昭和55年度に239例の扁桃炎患者に、合谷-孔最に1Hz、20~30分の通電を1週に1回、合計3回行った。今回は239例の反復性扁桃炎患者につき、鍼治療後1年間の経過観察を行い、発熱の予防効果について検討した。その結果、(1)200例中171例(85.5%)の経過観察ができた。(2)171例中30例は、鍼治療後全く発熱しなかった。(3)171例中91例は、発熱頻度が半分以下に減少した。(|171例中20例は、40℃以上の高熱を出さなくなったり、熱の高さが、1.5℃以上低下したり、発熱日数が3日以下になった。(|171例中22例は無効であった。(6)171例中8例は、鍼治療後の状況が思わしくなく、主治医の判断で扁摘を行った。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17378
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 34
Issue: 1
Start page: 8
End page: 14
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17378

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback