DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0370.pdf772.71 kBAdobe PDFView/Open
Title: 後頸部諸経穴への刺針に関する解剖学的考察—?門・天柱・風池・完骨・翳風について—
Other Titles: Topographic Anatomical Observations of the Points of the Posterior Neck
Authors: 松岡憲二
北村清一郎
金田正徳
堺 章
中村辰三
MATSUOKA Kenji
KITAMURA Seiichiro
KANEDA Masanori
SAKAI Akira
NAKAMURA Tatsuzo
Keywords: 瘂門
天柱
風池
完骨
翳風
局所解剖
過誤
Issue Date: 1989
Abstract: 解剖実習用遺体において、瘂門、天柱、風池、完骨、翳風の5経穴に針を深刺し、以後、針を抜くことなく表層より解剖をすすめ、刺入針と後頸部の構造との関連を調べた。瘂門、天柱、風池の各穴への刺入針は、いずれも後環椎後頭膜や脳硬膜などを貫通し、最終は延髄に達していた。刺入点より脳硬膜までの深さは頸周囲39.1cmの遺体でそれぞれ50mm、51mm、49mmであった。また、風池穴の深部約40mm付近には椎骨動脈、完骨穴の部では後頭動脈、翳風穴の部では外頸動脈や顎動脈が浅層の部を近接走行しており、刺針の際、手技や深さに充分な注意を払うことが望まれる。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17391
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 195
End page: 202
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17391

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback