DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0920.pdf114.8 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼と免疫
Other Titles: Acupuncture and Immunity
Authors: 栗林恒一
笠原由紀
田原壮平
KURIBAYASHI Koichi
KASAHARA Yuki
TAHARA Sohei
Keywords: 
免疫
サイトカイン
Th1細胞
Th2細胞
抗原提示細胞
Issue Date: 2005
Abstract: 鍼治療は免疫応答を調節することにより、アレルギー疾患や膠原病などの自己免疫疾患などの治療を行いうると考えられている。しかし、鍼治療のこれらの疾患に対する有効性については、未だ充分には確立されておらず、また、鍼治療が免疫応答を調節するメカニズムについてもほとんど明らかとなっていない。今回、これまでに報告された鍼の免疫性疾患に対する治療効果や、鍼の免疫応答に与える影響について基礎的に検討された論文を紹介するとともに、それらのデータや、我々の実験室で得たデータから、鍼の免疫応答に与える影響についての仮説的なメカニズムを提示したい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17398
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 55
Issue: 2
Start page: 114
End page: 122
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17398

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback