DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0276.pdf498.58 kBAdobe PDFView/Open
Title: 加齢現象に及ぼす灸刺激の影響(第1報)−ラット性周期のリズムの誘発(1)−
Other Titles: Effect of Moxibustion on Aged Rats (Report 1):Recovering the regular cyclicity by periodic moxibustion
Authors: 坂本秀治
錦織綾彦
川本正純
SAKAMOTO Hideharu
NISHIGORI Ayahiko
KAWAMOTO Masazumi
Keywords: 施灸刺激
性周期のリズム
加齢現象
プロゲステロン
膣上皮細胞像
Issue Date: 1987
Abstract: 生殖腺、内分泌系における加齢現象の機序と灸刺激の効果について検索した。Wistar系成熟雌性ラットの卵巣を摘除すると同時にこれを皮下に移動することにより、人為的に乱した発情周期を正常化させる条件について観察し、性周期のリズムに対する灸の作用について検討を加えた。去勢移植の当日より4日ごとに10回、艾量5mgを百会、左右京門穴相当部位に等分に施灸。40日間の施灸期間および終了後さらに40日間、周期性誘発の成否を膣上皮細胞像から観察した。結果は施灸により、プロゲステロン2mg投与で誘発し得た周期性(4日周期で、投与日と相関を示すリズム)に集束する傾向を示した。中枢抑制物質レセルピン投与では周期性の乱れが大きく、自律周期の回復も遅れた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17400
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 37
Issue: 2
Start page: 80
End page: 85
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17400

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback