DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0572.pdf580.77 kBAdobe PDFView/Open
Title: 微小組織損傷としての鍼刺激—病理組織学的検討—
Other Titles: Acupuncture as An Injury Stimulation - A histopathological study of acupuncture stimulation -
Authors: 米山 榮
尾崎朋文
于  思
米山 義
竹田博文
YONEYAMA Sakae
OZAKI Tomofumi
YU Si
YONEYAMA Tadashi
TAKEDA Hirofumi
Keywords: 鍼刺激
微小組織損傷
病理組織学的変化
GroupⅢあるいはGroupⅣ線維
Issue Date: 1995
Abstract: 近年、鍼治療に関するメカニズムの研究は進歩した。しかし、生理学的方法によるアプローチがそのほとんどを占め、生体への鍼刺激は微小な組織損傷から始まるという視点に立脚して形態学的研究はほとんど見られない。今回、我々は組織学的観点から生態への鍼刺激のメカニズムについて検討した。まず、生体では遺体解剖例を用い皮膚から筋層までの組織構造を確認した。遺体では皮下あるいは筋組織内の筋内膜に無髄神経自由終末(径、1.5μm、GroupⅢorⅣ)が存在した。次に、生体組織(剖検)と動物組織を用い0.20~0.95mmの径の異なった鍼を用い針刺入時の組織損傷度を検討した。その結果、針の径に比例した組織損傷が生じていることが確認された。このことより鍼刺激は明らかに微小組織障害であることが証明された。また、動物組織にて損傷部位の近接した筋内膜に生体組織と同様の無髄神経自由終末が認められた。以上のことより、微小組織損傷という鍼刺激には形態学的にはGroupⅢあるいはGroupⅣ線維に関連がある可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17421
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 45
Issue: 3
Start page: 192
End page: 197
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17421

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback