DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0878.pdf415.72 kBAdobe PDFView/Open
Title: ここまで分かった鍼灸医学−基礎と臨床との交流脳機能および中枢神経疾患に対する鍼灸の効果と現状
Other Titles: Current Progress of Acupuncture and Moxibustion Science-Review of Basic and Clinical ResearchReview of the Effects of Acupuncture and Moxibustionon Brain Function and Cerebral Disorders
Authors: 内田さえ
渡邊一平
矢野忠
佐藤優子
UCHIDA Sae
WATANABE Ippei
YANO Tadashi
Chairpersons: YANO Tadashi
SATO Yuko
Keywords: 


脳血流
脳波
脳血管障害
動物実験
ヒト
Issue Date: 2004
Abstract: 脳機能および中枢神経疾患に対する鍼灸の効果と現状を総合テーマとして、当該領域のレビューを行った。基礎研究における動物実験のレビューでは、麻酔ラットへの鍼刺激による大脳皮質および海馬の血流量に及ぼす影響とその機序を中心に紹介した。ヒトを対象とした基礎研究のレビューでは、fMRI、脳磁気図、脳波(事象関連電位)などを指標とした鍼の効果に関する知見が総括された。また、中枢神経疾患に対する鍼灸の効果に関するレビューについては、脳血管障害後後遺症に対する鍼治療の有効性について総括すると共に、痙性抑制あるいは廃用症候群の改善によるQOL 向上の可能性についても考察した。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17459
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 54
Issue: 1
Start page: 27
End page: 51
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17459

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback