DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0913.pdf221.85 kBAdobe PDFView/Open
Title: 局所治療と遠隔部治療−運動器疾患を対象としてⅢ−・・・・局所治療の適応と限界、遠隔部治療の適応と限界・・・・
Other Titles: Acupuncture Treatment on the Local Area versus the Distal Area-For Physical Conditions Ⅲ--Discussing adequation and limitations of both treatments-
Authors: 小川卓良
形井秀一
川喜田健司
篠原昭二
白石武昌
山田勝弘
大沢秀雄
OGAWA Takayoshi
KATAI Shuichi
KAWAKITA Kenji
SHINOHARA Shoji
SHIRAISHI Takemasa
YAMADA Katsuhiro
OSAWA Hideo
Keywords: 局所治療
遠隔部治療
治効機序
遅発性筋痛
経筋治療
広汎性侵害抑制
軸索反射
経穴外
Issue Date: 2005
Abstract: 今回は、過去2回を踏まえたまとめのシンポジウムであったが、今後更なる検討が必要であることが同意された。上腕二頭筋に遅発性筋痛を作り、魚際穴付近の圧痛閾値が低下することを報告した篠原は、経筋による遠隔部治療の有効性を更に強調した。現代医学的立場から局所治療の有効性を述べる山田は、組織損傷、筋痙攣局所、構造的原因に伴う炎症病変は、局所的治療が効果的とした。陽陵泉・陽交刺鍼で共に腎兪の応答性が上昇し、経絡外でも有効であり神経解剖学的に特異的でないことを報告した白石は、遠隔部で充分な効果が得られるとした。生理学的立場の川喜田は、鎮痛機序が広汎性侵害抑制調節現象や体液性因子が関与するのであれば、局所・遠隔治療共に全身性鎮痛が生じるため区別できないとした。軸索反射を介する刺激局所反応、脊髄分節性反射、全身性上脊髄性反射の作用機序を紹介した大沢は、経穴刺激はそれら全ての機序を介する述べた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17479
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 55
Issue: 1
Start page: 28
End page: 43
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17479

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback