DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0321.pdf863.86 kBAdobe PDFView/Open
Title: 尿管運動に及ぼす皮膚刺激の効果
Other Titles: Reflex Changes in Ureter Movements Produced by NoxiousStimulation of the Skin in Anesthetized Rats
Authors: 大沢秀雄
西條一止
佐藤優子
OSAWA Hideo
NISHIJO Kazushi
SATO Yuko
Keywords: 尿管運動
ラット
侵害性刺激
Issue Date: 1988
Abstract: 皮膚刺激の尿管運動に及ぼす影響を麻酔ラットを用いて検討した。皮膚の侵害性刺激であるピンチ刺激と非侵害性刺激であるブラシ刺激を種々の皮膚領域に加え、尿管蠕動頻度の変化を観察した。ピンチ刺激によって、尿管蠕動頻度は増加したが、足蹠・胸部・会陰部の皮膚領域の刺激が増加反応に有効であった。この増加反応は、下腹神経、骨盤神経、迷走神経の両側性切断では消失せず、内臓神経の切断で消失した。以上の成績から、この増加反応は皮膚の侵害性感覚神経を求心路とし、内臓神経を遠心路とする反射性反応であることが示唆された。皮膚のブラシ刺激では尿管蠕動頻度に有意の反応は起こらなかった。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17514
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 38
Issue: 3
Start page: 271
End page: 280
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17514

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback