DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0787.pdf456.06 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼灸治療に抵抗を示した変形性膝関節症に特発性骨壊死症合併の1症例
Other Titles: A Case of a Combination of Osteoarthritis of The Knee Joint and Idiopathic Spontaneous Osteonecrosis that Showed Resistance to Acupuncture and Moxibusion
Authors: 越智秀樹
勝見泰和
矢野 忠
池内隆治
北條達也
OCHI Hideki
KATSUMI Yasukazu
YANO Tadashi
IKEUCHI Takaharu
HOJO Tatsuya
Keywords: 鍼灸治療
特発性骨壊死
変形性膝関節症
脛骨内側縁
難治
Issue Date: 2001
Abstract: 変形性膝関節症の初期に脛骨内側顆骨壊死を合併していた症例を経験した。症例は、67歳、女性、平成12年2月15日突然右膝関節部痛を発症。変形性膝関節症の初期例と判断し週に1度の間隔で鍼灸治療を行った。しかし変形性膝関節症の一般的な治療経過と比較して治療成績が良好でなかったため四肢専用MRIで膝関節を撮影したところ脛骨内側顆部に骨壊死様所見が確認された。我々のこれまでの研究では変形性膝関節症の初期例単独の疾患であれば比較的容易に症状の改善が得られた。しかし今回のように脛骨内側顆部に骨壊死様所見が合併している症例においては、一定期間の治療を行っても症状の変化を来さないことがある。このことから変形性膝関節症の初期や中期と思われる症例でも治療期間が長く難渋する膝痛を呈する場合、骨壊死などの病態合併を考慮し対応する事が必要と考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17516
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 51
Issue: 5
Start page: 611
End page: 616
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17516

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback