DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0372.pdf805.51 kBAdobe PDFView/Open
Title: 頸部における胸膜頂の体表投影部位に関する解剖学的研究
Other Titles: Anatomical Study of the Projection Region of the Dome of the Pleura to the Surface of the Anterior Neck
Authors: 上島幸枝
北村清一郎
巽 哲男
合田光男
永瀬佳孝
尾崎朋文
森 俊豪
松岡憲二
金田正徳
UESHIMA Yukie
KITAMURA Seiichiro
TATSUMI Tetsuo
GODA Mitsuo
NAGASE Yoshitaka
OZAKI Tomofumi
MORI Shungo
MATSUOKA Kenji
Keywords: 胸膜頂
局所解剖
体表投影部位
Issue Date: 1989
Abstract: 17遺体を用い、天突穴、あるいは天突-肩峰間線を基準にした胸膜頂の体表投影部位を調べた。天突-肩峰間線の実長は左右共に平均185mm、上方への角度は右22度、左23度、後方への角度は右が23度、左が25度であった。右側胸膜頂は、天突穴を通る前額面上で、最大限には天突穴の外方0~58mm、上方へは44mmより下方に存在した。左側ではこれらの値は各々5~58mmおよび49mmであった。一方、天突-肩峰間線を基準にすると、胸膜頂はその内側約1/3の範囲に含まれ、上端は天突穴から約1/4離れた位置で、最大限にはその上方35(右)または32mm(左)の高さにあった。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17526
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 212
End page: 220
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17526

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback