DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0126.pdf459.46 kBAdobe PDFView/Open
Title: ハリ通電刺激の組合せ効果
Other Titles: Modulation of electroacupuncture effects by pairing two electrostimuh.
Authors: 錦織綾彦
安雲和四郎
川本正純
辻本太郎
山口雄三
NISHIGORI Ayahiko
YASUMO Washiro
KAWAMOTO Masazumi
TSUJIMOTO Taro
YAMAGUCHI Yuzo
Keywords: 開口反射
electroacupuncture
皮膚抑制
歯随刺激
皮膚刺激
Issue Date: 1983
Abstract: 2つのハリ刺激が組合されることによりそれらの効果が相互に影響を受けることがある。こうした現象の生理学的メカニズムを解明するためラット開口反射を指標として実験を行った。反射は麻酔したラットの歯髄を電気刺激して誘発し顎ニ腹筋の反射性筋電図として導出記録した。四肢等の皮膚に与えた単発ハリ通電刺激(CSI)は、開口反射を刺激後約20msの間促通しその後40~250msの間抑制した。CSIで促通が起こる条件で他のハリ通電刺激(CS2)を先行さすと、CS2-CS1intervalが約10ms以内では開口反射は更に促進され、40~150msでは抑制された。CS1で抑制が起こる条件では、CS2を100ms~1.5s CS1に先行させるとCS1による抑制は減少し、開口反射は回復した。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17559
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 33
Issue: 3
Start page: 254
End page: 259
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17559

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback