DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0722.pdf128.51 kBAdobe PDFView/Open
Title: 腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行に対する陰部神経鍼通電刺激の試み
Other Titles: The Effect of the Electrical Acupuncture at Pudendal Nervefor Intermittent Claudication of the Lumbar Spinal Canal Stenosis
Authors: 井上基浩
北條達也
池内隆治
片山憲史
越智秀樹
勝見泰和
INOUE Motohiro
HOJO Tatsuya
IKEUCHI Takaharu
KATAYAMA Kenji
OCHI Hideki
KATSUMI Yasukazu
Keywords: 間欠跛行
陰部神経
鍼通電
脊柱管狭窄症
Issue Date: 2000
Abstract: 馬尾性間欠跛行に対する陰部神経鍼通電療法の効果について検討した。また、その機序を調べる目的でラットの陰部神経を電気刺激した時の坐骨神経血流の反応と薬物投与の影響について併せて検討した。その結果、陰部神経鍼通電療法により4例全例に歩行距離の延長が確認された。その内一例は継続的な侠脊穴への鍼治療では歩行距離の延長は得られなかった。ラットの陰部神経電気刺激では、刺激中の坐骨神経血流の増加が確認された。この増加反応はアトロピンの投与により消失した。これらの結果から、陰部神経鍼通電療法は馬尾性間欠跛行に対して有効な一手段となる可能性が考えられた。また、その機序として陰部神経電気刺激が馬尾を含めた坐骨神経に対して血管拡張性に作用した可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17560
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 50
Issue: 2
Start page: 175
End page: 183
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17560

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback