DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0490.pdf2.96 MBAdobe PDFView/Open
Title: 生体の防御機構と鍼灸医学
Other Titles: Studies on the Defense Mechanism and Acupuncture Therapy
Authors: 黒野保三
石神龍代
堀 茂
中村弘典
山田 耕
河瀬美之
狩野義広
馬渕良生
渡 仲三
KURONO Yasuzo
ISHIGAMI Tatsuyo
HORI Shigeru
NAKAMURA Hironori
YAMADA Ko
KAWASE Yoshiyuki
KARINO Yoshihiro
MABUCHI Yoshio
Issue Date: 1992
Abstract: 古来より鍼灸治療の有効性については経験的によく知られている。近年,鍼灸治療の有効性のメカニズムの研究が盛んに行われ,実証医学的に明らかになってきつつある。我々も,鍼灸の効果について多角的に研究し,多くの研究成果を報告してきた。ここでは,古典でいう「未だ病ざる病を医す」の理論と,臨床の現象において得られる,多くの現象から鍼灸療法が生体恒常性維持機構の活性や生体防御機構の増強に大いに関わりがあることに着目し,それを実証医学的に証明する目的でマウスに2年間刺鍼し,その有効性を超微形態変化によって検討した。対照群では死亡率が33%であったが刺鍼群では25%の死亡率であった。今回実験に供したマウスの各臓器において老化の遅延と生体防御機構の増強と生体恒常性維持機構の活性化に種々の影響が与えられていることが示唆された。この結果から,古典でいう「未だ病ざる病を医す」と臨床鍼灸が,生体恒常性維持機構と生体防御機構との相関を有していることの一証拠を提出したと言える。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17585
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 42
Issue: 3
Start page: 234
End page: 244
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17585

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback