DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0135.pdf636.68 kBAdobe PDFView/Open
Title: 外受容性振動誘発指屈曲反射を指標とした経穴の組合せ鍼刺激効果
Other Titles: Effects of Acupuncture Stimulation of Combination of Meridian Points on the Exteroceptive Vibration-Induced Finger Flexion Reflex
Authors: 尾崎昭弘
浅井光裕
熊本賢三
浅田博
岩瀬善彦
OZAKI Akihiro
ASAI Mitsuhiro
KUMAMOTO Kenzo
ASADA Hiroshi
IWASE Yoshihiko
Issue Date: 1984
Abstract: ヒトで外受容性振動誘発指屈曲反射(以下、反射と略す)を指標とし、合谷と他の部位の経穴の組合せ鍼刺激効果について検討した結果、被験手(左)の近隣の合谷-偏歴の組合せ鍼刺激では合谷の単穴刺激に比し約2倍の反射の抑制効果を認め、遠近部の合谷-足三里の経穴の組合せ鍼刺激では約4倍の反射の抑制効果を認めた。しかし、合谷と肺兪、合谷と大腸兪、合谷と列穴、合谷と少海などの組合せでは、いずれも合谷単穴刺激効果を上回る反射の抑制効果が認められず、いずれも合谷単穴の刺激効果と同程度であった。又、合谷と百会の組合せでは合谷の鍼刺激による反射の抑制作用が消失するという相殺効果をみた。これらの所見は、中枢におけるimpulseの相互干渉によって多シナプス反射機構が複雑に関与していることを推測させるとともに反射の抑制効果の出現様式により体液性の要因の関与も推測され、経穴の組合せ鍼刺激についてさらに厳密な基礎・臨床面の検討の余地のあることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17601
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 33
Issue: 4
Start page: 339
End page: 346
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17601

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback