DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0189.pdf472.33 kBAdobe PDFView/Open
Title: 糖尿病に対する鍼治療の症例報告(Ⅱ)
Other Titles: A Case Report Concerning Acupuncture Therapy on Diabetic Patients (Ⅱ)
Authors: 中村弘典
黒野保三
渡 仲三
NAKAMURA Hironori
KURONO Yasuzo
WATARI Nakazo
Keywords: 糖尿病
鍼治療
血糖値
グルコース経口負荷試験
Issue Date: 1985
Abstract: 糖尿病患者における合併症の進行程度が異なった3例に対して鍼治療を施し、その比較を観察した。対象患者は糖尿病と診断された3名で、約3ヶ月から1年間にわたり、毎日または週2回以上の鍼治療を施し、自覚症状とFBS(Fasting blood sugar)を指標に糖尿病のコントロール状態を観察した。鍼治療開始後より、自覚症状が徐々に軽減し、FBSについても改善がみられた。しかし、鍼治療の間隔が長くなったり中止したりすると、血糖値が不安定になる傾向がみられた。そのため、糖尿病に対しては鍼治療の頻度を高くし、長期にわたる治療が必要であると思われた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17603
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 34
Issue: 3・4
Start page: 257
End page: 262
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17603

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback