DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0239.pdf549.5 kBAdobe PDFView/Open
Title: 人迎穴の解剖学的部位について(Ⅰ)−人迎穴と内・外頸動脈分岐部の位置関係−
Other Titles: Anatomical Position of the point Jingei : 1Positional Relation Between the Laryngeal Prominence and the Bifurcation of the Common Carotid Artery
Authors: 松岡憲二
北村清一郎
吉岡紀夫
金田正徳
熊本賢三
堺 章
中村辰三
谷口和久
MATSUOKA Kenji
KITAMURA Seiichiro
YOSHIOKA Toshio
KANEDA Masanori
KUMAMOTO Kenzo
SAKAI Akira
NAKAMURA Tatsuzo
TANIGUCHI Kazuhisa
Keywords: 人迎
頸動脈分岐部
頸動脈洞
Issue Date: 1986
Abstract: 19遺体において、喉頭隆起の高さを基準に取穴した人迎穴38例に針を刺入し、刺入部位と頸動脈分岐部との位置的関連を調べた。刺入部位は、38例すべてが分岐部にあたらず、4例は下方の総頸動脈に刺入され、他の34例では全てその内方で、高さも頚動脈分岐部に比べ低かった。頸動脈分岐部は喉頭隆起の高さよりかなり上方に位置し、その高さの平均は左側で上方32.8mm(最大52mm、最小11mm)、右側で29.9mm(最大48mm、最小8mm)であった。頸動脈洞への刺針に際しては、喉頭隆起より上方の舌骨を基準とする方が頸動脈洞にあたる可能性が高いことが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17706
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 36
Issue: 2
Start page: 119
End page: 124
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17706

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback