DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0055.pdf698.48 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼治療による反復性扁桃炎の予防に関する臨床的研究(第1報)
Other Titles: The Clinical Studies of the Protective Effects of Acupuncture on the Habitual Tonsilitis
Authors: 吉川恵士
西條一止
矢澤一博
森 英俊
坂井友実
根本宏三
源内清美
佐々木和郎
緒方昭広
YOSHIKAWA Keishi
NISHIJO Kazushi
YAZAWA Kazuhiro
MORI Hidetoshi
SAKAI Tomomi
NEMOTO Kozo
GENNAI Kiyomi
SASAKI Kazuro
Keywords: 扁桃炎

鍼通電療法
予防医学
反復性扁桃炎
Issue Date: 1982
Abstract: 反復性(習慣性)扇桃炎の再発予防を目的とし,鍼電極による低周波通電を行った。研究対象は,幼稚園・小学生を中心として年4回以上の発熱頻度を呈する83例である。, 治療方法は,合谷と孔最をそれぞれ結び, 1 Hzで20分から30分通電した。, 治療間隔は,週1回で3週間を1クールとし経過に応じて再治療を行った。, 効果の判定は,鍼治療後1年間観察した。, その結果83例中6例は経過の観察ができなかった。残077例のうち9例(11.7%)は1年間発熱をまったくおこさなかった。49例(63.6%白ま発熱頻度が減少した。また77例のうち39例(50.6%)は発熱頻度が年3回以下になった。13例は無効であり,6例は鍼治療後顧桃摘出を行った。, 学校保健統計による扇桃肥大の年減少率と比較しても,鍼こよる再発予防効果を考察し得る成績であり,一般化および患者への負担の少ない治療法であることから,反復性扇桃灸の予防として,鍼がファーストチョイスされる可能性が高いと考える。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17718
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 31
Issue: 4
Start page: 372
End page: 380
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17718

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback