DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0769.pdf49.11 kBAdobe PDFView/Open
Title: 鍼灸診療の客観化—AMIを指標とした本治法による経絡機能の変動について—
Other Titles: Objectification of Diagnosis in Acupuncture and Moxibustion; IncreasedFluctuation of Meridian Functions Measured by AMI after AcupunctureTreatment According to the Low of the Five Elements
Authors: 皆川宗徳
石神龍代
堀 茂
中村弘典
山田 耕
河瀬美之
服部輝男
絹田 章
狩野義広
MINAGAWA Munenori
ISHIGAMI Tatsuyo
HORI Shigeru
NAKAMURA Hironori
YAMADA Ko
KAWASE Yoshiyuki
HATTORI Teruo
KINUTA Akira
Keywords: AMI
本治法
経絡
BP値
Issue Date: 2001
Abstract: 過去、脉診に関する研究として黒野らは、脉診と六祖脈との研究とAMI(経絡機能測定器)と脉診との対応の研究を行っている。今回は、AMIのBP値を指標として本治法による経絡機能の変動を客観的に検討した。コントロ-ル(AMI 10回連続測定)でのBP値の変動は、各経絡とも平均4%以内で推移し安定していた。本治法による経絡機能の変動を検討した結果、被験者6名の証の経絡のBP値の変動は本治法を行うことによって全例において増加した。今回の研究結果から、経絡機能の変動の客観化にAMIを使用することができる一証拠を提出できたものと思われる。今後、さらにAMIを使用し診断と鍼治療の関係を多面的に検討して行きたい。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17754
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 51
Issue: 2
Start page: 165
End page: 169
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17754

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback