DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0942.pdf92.07 kBAdobe PDFView/Open
Title: 第4回国際経穴部位標準化に関する非公式諮問会議報告2005年4月25日(月)〜27日(水)於:韓国東洋医学研究所(大田)、大韓民国
Other Titles: Fourth Informal Consultation Meeting on the Development ofInternational Standard Acupuncture Point Locations25-27 April 2005, Korea Institute of Oriental MedicineDAEJEON, KOREA
Authors: 形井秀一
篠原昭二
浦山久嗣
香取俊光
小林健二
河原保祐
坂口俊二
KATAI Shuichi
SHINOHARA Shoji
URAYAMA Hisatsugu
KATORI Toshimitsu
KOBAYASHI Kenji
KAWAHARA Yasuhiro
SAKAGUCHI Shunji
Keywords: 国際経穴部位標準化
第二次日本経穴委員会
Issue Date: 2005
Abstract: 第4 回国際経穴部位標準化に関する非公式諮問会議が、2005 年4 月25 日~27 日、韓国大田の韓国東洋医学研究所で開催された。今回は、日本、中国、韓国の3 か国で部位の同意が得られていない18 穴、3 か国で部位は一致しているが、表現に検討が必要な16 穴、さらに3 か国で部位の一致をみているが、中国側が表現の再検討を求めてきた24 穴の計58 穴が検討課題であった。3 日間に及ぶ議論の結果、検討できたのは42 穴で、そのうち32 穴については3 か国での同意が得られたが、10 穴については再保留となった。今後は、各国代表1 名の参加による特別委員会を8 月に北京で開催して事前調整を行う。その後、2005 年9 月25 日~27 日、大阪の関西鍼灸大学において、第5 回国際経穴部位標準化に関する非公式諮問会議を開催し、経穴部位標準化最終案を決定する。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17761
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 55
Issue: 4
Start page: 617
End page: 620
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17761

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback