DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0369.pdf870.8 kBAdobe PDFView/Open
Title: 中頸神経節並びに椎骨動脈神経節近傍への刺鍼に関する解剖学的検討
Other Titles: Anatomical Consideration to an Acupuncture near the Middle Cervical or the Vertebral Ganglia
Authors: 尾崎朋文
北村清一郎
森 俊豪
竹下イキ子
西崎泰清
上島幸枝
巽 哲男
合田光男
堺 章
OZAKI Tomofumi
KITAMURA Seiichiro
MORI Shungo
TAKESHITA Ikiko
NISHIZAKI Yasukiyo
UESHIMA Yukie
TATSUMI Tetsuo
GODA Mitsuo
Keywords: 中頸神経節
椎骨動脈神経節
局所解剖
Issue Date: 1989
Abstract: 18遺体の両側で中頸および椎骨動脈神経節の出現率と大きさを調べた。また、各神経節の椎骨、天突穴、C6前結節、および輪状軟骨に対する位置、ならびにC6前結節の天突穴と輪状軟骨に対する位置を調べた、中頸神経節は右側で長さ14mm、幅4mm、厚さ2mm、左側で各々14、5、2mmで約半数の例に存在したその位置はほぼ輪状軟骨の高さで、C6前結節の内下方に近接した。中頸神経節の欠如例では、交感神経幹はC6前結節のすぐ内方を通過した。椎骨動脈神経節は右側で長さ8mm、幅5mm、厚さ3mm、左側で各々9、5、2mmで、ほぼ全例に存在した。位置は第7頸椎の高さで、天突穴の外方15~30mm、上方20(左)もしくは25(右)~45mmの範囲に多く含まれた。C6前結節は、天突穴の外方20~30mmで、男性では輪状軟骨のやや上方、女性ではほぼその高さに存在した。周囲の解剖構造物を比較すると、中頸神経節では後方に頸椎横突起が存在するのみで、より安全な刺鍼が可能と考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17776
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 185
End page: 194
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17776

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback