DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
0809.pdf1.07 MBAdobe PDFView/Open
Title: 膏肓穴刺鍼の安全深度の検討—遺体解剖、および生体での臨床所見とCT画像における検討—
Other Titles: A Consideration of Safely Applying Acupunctureof the Meridian Point (Gaohuang,Koko ,BL43)based on Dissection of a Cadaver, and Clinical Findingsand CT Radiographic Findings in Vivo
Authors: 尾崎朋文
森 俊豪
坂本豊次
竹中浩司
湯谷  達
米山 榮
松岡憲二
巽 轍夫
吉田 篤
OZAKI Tomofumi
MORI Shungo
SAKAMOTO Toyotsugu
TAKENAKA Koji
YUTANI Toru
YONEYAMA Sakae
MATSUOKA Kenji
TATSUMI Tetsuo
Keywords: 膏肓穴
刺鍼安全深度
遺体解剖
CT画像
気胸
Issue Date: 2002
Abstract: 遺体解剖と、健康人生体での臨床所見・CT画像より、膏肓穴刺鍼の安全深度を検討した。遺体所見では、両膏肓穴への刺入鍼は第5肋間に位置し、左側の肋骨の厚さは10㎜、体表‐胸膜(肋骨後面)間距離は44㎜であった。健康学生104名の膏肓穴での体表‐肋骨前面間距離の最小値は肥満男女以外の体型で14㎜であった。標準型・やせ型男性のCT像では、刺入鍼は1側で肋間に、3側で肋骨に達した。肋骨の厚さは各々10.9㎜・9.8㎜・8.8㎜で、体表-胸膜間距離は各々33.6㎜・28.4㎜・29.4㎜・31.8㎜であった。以上の結果から、肋骨の厚さと体表-肋骨前面間距離の最小値より勘案すれば、極端なやせ型を除き、19mmまでの刺鍼は、外傷性気胸を起こす可能性は皆無に近く、安全と考えられる。換言すれば、19㎜以上の刺鍼では、外傷性気胸を起こす可能性が高まることに留意する必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/10592/17783
Shimei: 全日本鍼灸学会誌
Volume: 52
Issue: 4
Start page: 413
End page: 420
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/17783

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback