DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 病院医療における鍼灸 現代における鍼灸の役割を考える
Authors: 若山育郎
形井秀一
北小路博司
粕谷大智
山口智
赤尾清剛
Keywords: 関節リウマチ(治療)
気道疾患(治療)
神経系疾患(治療)
泌尿器疾患(治療)
大学病院
患者ケアチーム
*鍼灸療法
ヒト
Issue Date: 2008
Abstract: 鍼灸は我が国に伝来以来1500年にわたって独自の発展を遂げてきた。その間、現代に至るまで、鍼灸は原則的に個人の力量に頼る医療であったが、現代医学にチーム医療という概念が浸透し始めてきたこともあり、鍼灸についてもチーム医療の一員として取り入れている施設が少しずつ増えてきている。特に近年大学病院などで鍼灸の応用が始まっているのはその現れである。そうした大学病院で、どのような疾患に対して鍼灸が用いられ、どのようにその効果を評価しているのかという点を明らかにするとともに、現代医療において鍼灸が果たすべき役割を考えてみる目的で、鍼灸を積極的に取り入れている4つの代表的な大学病院の状況を報告した。(著者抄録)
Description: 解説/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/19511
Shimei: 日本東洋医学雑誌(0287-4857)
Volume: 59
Issue: 4
Start page: 651
End page: 666
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/19511

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback