DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 在宅高齢者における火を使用しない灸(温灸)のQOL(SR-36)に及ぼす影響について
Authors: 久下浩史
波多野義郎
森英俊
Keywords: 下肢
*灸療法
健康
*生活の質
精神保健
男性
疼痛(治療)
腰痛(治療)
高齢者
一重盲検法
治療成績
準ランダム化比較試験
*在宅医療
Medical Outcome Study 36-Item Short-Form Health Survey
ヒト
老年者(65?79)
老年者(-80歳以上)

Issue Date: 2008
Abstract: QOL維持を目的とした健康行動の1つとして、自宅治療に対する温灸治療の効果について検討した。在宅高齢者27例を対象に健康関連Quality of life(QOL)を調査した。調査対象者を封筒法で温灸治療を行う者(温灸群)と温灸治療を行わない者(偽温灸群)の2群に分けた。自宅での火を使用しない灸を行うことで痛みの緩和を示した。また、日常生活による通常の活動が痛みで妨げられたかの質問で改善傾向を示した。火を使用しない灸は最高温度が50℃(皮膚面上)に達し、温灸(43℃以上)は約2時間持続した。自宅での温灸治療に対する健康関連QOLへの影響として「体の痛み」を改善できることが示唆された。また、自宅での温灸治療で「全体的健康感」が治療前に比べて治療後に尺度得点が上がる傾向を示した。自宅での偽温灸治療では「日常的役割・身体」の尺度得点が有意に下がった。
Description: 原著論文/準ランダム化比較試験/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/19940
Shimei: 日本温泉気候物理医学会雑誌(0029-0343)
Volume: 71
Issue: 3
Start page: 180
End page: 186
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/19940

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback