DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 北辰会方式による潰瘍性大腸炎5症例の比較検討
Authors: 油谷真空
藤本蓮風
大八木敏弘
原元気
Keywords: *大腸炎-潰瘍性(治療)
*鍼灸療法
ヒト
成人(19?44)
中年(45?64)

Issue Date: 2008
Abstract: 北辰会方式による潰瘍性大腸炎5例を、東洋医学的にどのようなタイプが存在するか、病因病理、証、治療に分けて比較検討した。共通点は、精神的ストレスなどによる七情の乱れから肝が中心となって引き起こしたものが多かった。また、何れも実熱タイプで、その中でも大きく分ければ、邪熱が陽明経に滲入して大腸を襲い血絡を傷ったものか、或いは腎虚による下焦の領域を邪熱が侵襲して大腸血絡を傷ったものであった。効果が出始めるまでの期間は、1例を除けば、すべて10回以内に現れた。
Description: 原著論文/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/20031
Shimei: 伝統鍼灸
Volume: 34
Issue: 2
Start page: 76
End page: 78
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/20031

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback