DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10592-20039.html130 BHTMLView/Open
Title: 肝細胞癌に伴う愁訴に対する鍼灸治療の1症例
Authors: 山崎翼
福田文彦
竹田太郎
石崎直人
山村義治
Keywords: 胃腸運動
下肢
*肝細胞癌(治療,予後)
*緩和ケア
筋緊張
血液循環
生活の質
疼痛
排便
疲労
鍼灸療法
視覚アナログ尺度
ヒト
中年(45-64)
Issue Date: 2008
Abstract: 【症例】64歳、女性。主訴:全身倦怠感、便通異常、腰下肢の痛みとだるさ。現病歴:X-6年に肝細胞癌と診断され、経過観察を行っていたが、X年8月に入院となった。腰下肢の痛みとだるさ、便通異常(残便感)、全身倦怠感に対して鍼灸治療を開始した。病態は、加齢に伴う変形性腰椎症に長期臥床が加わったことによる筋々膜性腰痛、肝機能障害による全身状態の悪化に伴う全身倦怠感、便通異常と考えた。【治療・評価】鍼灸治療は筋緊張緩和、血流改善、腸運動調整を目的に行った。全身状態は6段階のFace Scale(FS)、腰下肢の痛みとだるさはNumerical Scale(NS)、便通は問診にて評価した。【経過・考察】鍼灸治療を併用したことにより、腰下肢の痛みとだるさは、NSにて7から4へ、全身状態もFSにて3から1へと改善し、残便感も消失した。これらのことにより、患者のQuality of lifeは高められた。肝細胞癌の経過に伴う愁訴に対して鍼灸治療の併用は有効な方法になりえることが示唆された。(著者抄録)
Description: 原著論文/症例報告/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/20039
Shimei: 全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)
Volume: 58
Issue: 2
Start page: 213
End page: 220
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/20039

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback