DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 陰部神経鍼通電刺激により下肢の痺れが軽減した1症例
Authors: 皆川陽一
伊藤和憲
福田文彦
北小路博司
Keywords: *下肢
*しびれ(病因,治療,診断)
脊柱管狭窄(合併症)
*電気鍼療法
*腰仙骨神経叢
*腰痛(病因,治療,診断)
*陰部神経叢
視覚アナログ尺度
ヒト
中年(45?64)
Issue Date: 2009
Abstract: 62歳男。原因なく右臀部痛が発症した。精査の結果、腰椎(L4、L5)に変形を認め、約3ヵ月間の理学療法を行ったが、症状に変化を認めなかった。初診時、「腰下肢部の痛み・勲」を示すVASは44mmで、1診目から4診目は、筋緊張部位と痛み・痺れを訴える神経走行部位を中心に置鍼や椎間関節部、梨状筋部に鍼通電などを行ったが大きな改善は認めなかった。また、5診目には、仕事量の増加に伴い症状の増悪がみられ、陰部神経刺鍼点に通電刺激を行った。痺れなどの症状に対して改善がみられ、9診目には「腰下肢部の痛み・痺れ」を示すVASは21mm、「下肢の痺れ」を示すVASは12mmとなった。
Description: 原著論文/症例報告/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/20544
Shimei: 東洋医学(1341-7460)
Volume: 15
Issue: 4
Start page: 15
End page: 20
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/20544

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback