DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10592-20843.html130 BHTMLView/Open
Title: ランダム化比較試験による筋疲労の回復に及ぼす円皮鍼の効果 shamを用いた比較試験
Authors: 古屋英治
金子泰久
上原明仁
上原一郎
副島和彦
坂本歩
Keywords: *運動療法
筋収縮-等張性
*鍼療法
*筋疲労
クロスオーバー研究
ランダム化比較試験
上腕筋
視覚アナログ尺度
ヒト
成人(19-44)
Issue Date: 2009
Abstract: 【目的】筋疲労の回復に及ぼす円皮鍼の効果をランダム化比較試験で調査し、リハビリテーションで用いる運動療法の補助的手段としての有用性を検討した。【方法】対象は健康成人男性29名とした。上腕屈筋群の最大筋出力10%を加重した等張性肘関節運動を休憩を挟んで連続して2回行い、休憩前後の運動回数から求めた減少率を円皮鍼とshamのクロスオーバー試験で比較した。介入はダブルマスキングで後頸部に行い、介入時の両者の判別はκ統計量を用いた。運動で生じる局所疲労感はvisual analog scale(VAS)値で評価した。【結果】κ統計量は0.17であった。運動回数の減少率は円皮鍼群35.4±20.1%、sham群45.1±11.1%(p<0.01)で円皮鍼群が小さかった。局所疲労感は両群間で差がなかった。【結論】リハビリテーションにおける運動療法に円皮鍼を補助的手段として用いることは患者の機能回復を促進し、QOLの向上に寄与できる。(著者抄録)
Description: 原著論文/ランダム化比較試験/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/20843
Shimei: 全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)
Volume: 59
Issue: 4
Start page: 375
End page: 383
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/20843

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback