DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 筋に対する鍼の影響ならびに握力の変化について
Authors: 西村明洋
徳山弘隆
松下美穂
清水尚道
Keywords: 超音波診断
スポーツ医学
*鍼療法
握力
*骨格筋
鍼灸医学
*指屈筋
ヒト
成人(19?44)

Issue Date: 2009
Abstract: 運動直前の筋に対する刺鍼において、刺入深度・刺鍼部位の違いが筋力に及ぼす影響を検討した。対象は、スポーツ経験のある成人専門学校学生10名とした。屈筋へ毫鍼を刺鍼したところ、刺鍼前に比べ、刺鍼後に著明な筋力低下がみられたが、刺鍼2日目以降には刺鍼前の筋力に回復していた。また、被験者からは「腕が重だるい」「力が入りにくい」との意見が聞かれた。屈筋へ円皮鍼刺鍼、伸筋へ毫鍼刺鍼、屈筋へ円皮鍼刺鍼においては、刺鍼前に比べ、刺鍼後に著明な変化はなかった。筋層への刺鍼は運動の1日以上前に行う必要が考えられ、運動直前の筋に対する刺鍼については、刺鍼部位、刺鍼のタイミング、刺鍼深度だけでなく、筋連結や支配神経などを考慮する必要があると考えられた。
Description: 原著論文/比較研究/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/21479
Shimei: 東洋療法学校協会学会誌(0911-8071)
Issue: 32
Start page: 138
End page: 141
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/21479

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback