DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10592-21603.html130 BHTMLView/Open
Title: 機能性腹痛症候群に対する鍼治療の1症例
Authors: 加用拓己
鈴木雅雄
竹田太郎
福田文彦
石崎直人
北小路博司
加藤久人
山村義治
Keywords: *症候群
生活の質
疼痛測定
*鍼療法
*腹痛(診断,治療)

視覚アナログ尺度
ヒト
老年者(65-79)
Issue Date: 2010
Abstract: 【目的】機能性腹痛症候群(Functional Abdominal Pain Syndrome:FAPS)は機能性dyspepsiaや過敏性腸症候群と異なり、食事や排便とは関係しない腹痛を特徴とする。薬物治療によりコントロール不良であったFAPS患者に対して鍼治療を行い、症状の改善が認められた1症例を報告する。【症例と方法】症例:75歳女性。X-2年9月より、左下腹部痛の増悪と寛解のため入退院を繰り返していた。X年6月、症状が再燃・増悪したため明治国際医療大学附属病院内科に入院となり、同時に腹痛症状の改善を目的に鍼治療を開始した。方法:鍼治療は1週間に5回、13週間行い、配穴は中医弁証に基づき行った。評価:左下腹部痛はVASにて評価し、消化器症状のQOLはGastrointestinal Symptom Rating Scale(GSRS)を用いて評価した。【結果】鍼治療開始直後より左下腹部痛のVAS減少を認め、治療開始4週目以降は左下腹部痛が消失し、退院まで再燃しなかった。【考察】増悪・再燃を繰り返していたFAPS患者に対して鍼治療を行った結果、症状の改善を認めた。本症例に鍼治療が有用であったと考えられた。(著者抄録)
Description: 原著論文/症例報告/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/21603
Shimei: 全日本鍼灸学会雑誌(0285-9955)
Volume: 60
Issue: 4
Start page: 744
End page: 751
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/21603

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback