DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 少数配穴の鍼治療で著効を得た線維筋痛症の一例
Authors: 大八木敏弘
西川順子
大沢正秀
Keywords: 経穴
*線維筋痛症(診断,治療)
触診
生活の質
*鍼療法
分類
舌診
腹診
脈診(東洋医学)
ヒト
成人(19?44)
Issue Date: 2010
Abstract: 線維筋痛症と診断された患者に対して、四診により証を明確にして鍼治療のみを行い、胸背部の疼痛、発熱、不眠症状の軽減とQOLの改善をもたらすことができた。症例は35歳女性。仕事上の精神的、肉体的ストレスが持続した後、胸背部の疼痛及び発熱が発症し入院するが、精密検査では異常はみられず経過観察となった。次第に痛みが激しくなり、大学病院で線維筋痛症と診断されたが、東洋医学的治療を希望し当院を受診した。肝鬱気滞、気滞血お、気鬱傷陰と弁証し神道穴及び照海穴の少数配穴による鍼治療を行った。痛みは37診以降には3割程度になり、発熱も消失し、91診時には痛みは気にならない程度になった。Fibromyalgia Impact Questionnaireは初診時の78から17ヵ月後の82診時には23に改善され、線維筋痛症に対して鍼治療のみで著効を得ることができた。(著者抄録)
Description: 原著論文/症例報告/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/21988
Shimei: 日本東洋医学雑誌(0287-4857)
Volume: 61
Issue: 5
Start page: 708
End page: 717
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/21988

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback