DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 気滞が主と弁証して治療した脊柱管狭窄症の一症例
Authors: 神野英明
Keywords: *間欠跛行(病因,治療)
MRI
*脊柱管狭窄(合併症,画像診断)
東洋医学
*鍼療法
*病理的過程(合併症,治療)
舌診
*気滞(合併症,治療)
ヒト
中年(45?64)
Issue Date: 2010
Abstract: 症例は5年前に胃潰瘍の既往がある60歳男性で、7ヵ月ほど前から3km以上歩くと右ふくらはぎがだるくなり、某病院にてMRI・造影CTにて脊柱管狭窄症、L4・L5の椎間板圧迫と診断され、手術を勧められたが避けたいと考え来院となった。背候診では左肝兪・左胆兪に実の反応、原穴診では左右太衝・右丘虚および足臨泣の反応、腹診では肝気実傾向、手足の爪の色などの反応から肝血虚傾向がみられ、胃潰瘍の既往歴や精神的緊張による便秘などから肝気の脾胃抑制(木乗土)傾向が伺われた。臓腑病への処置として疏肝を主に補腎・健脾を図る目的で右三焦兪を選穴、表在部で補法、深在部(虚中の実)に対し瀉法を行った。第12診(初診より27日目)には三焦兪の反応が右から左に移動したため左後谿・左三焦兪に処置し、第61診(154日目)以降は脾兪・胃兪を中心に処置して現在に至る。本症例では症状消失後もMRI上脊柱管狭窄は改善されておらず、狭窄のみが症状の原因ではないことが示唆された。
Description: 原著論文/症例報告/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/22317
Shimei: 伝統鍼灸
Volume: 36
Issue: 3
Start page: 148
End page: 153
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/22317

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback