DSpace About DSpace Software 日本語
 

鍼灸文献データベース:JACLiD >
2. 鍼灸関連文献(登録全文献) >
文献 >

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Title: 高周波を用いた温熱鍼システムの開発 高周波によるディスポーザブルステンレス鍼の鍼尖周囲の加温について
Authors: 鈴木聡
佐々木和郎
森和
熊雲
賈紅偉
魏来
Keywords: ステンレス鋼
機器のデザイン
ディスポーザブル用品
*鍼療法(実験的)
*高温
*高周波
Issue Date: 2010
Abstract: 日本でまだ臨床応用されていない中国で開発された電熱鍼は、多種疾患に対する臨床学術論文でその有効性が示され、中国の鍼灸臨床では幅広く応用されている。しかし、電熱鍼は鍼体径が0.40mmと太く、鍼尖の形状が注射針型であるため刺鍼の際に痛みを伴いやすい。また、鍼体に欠損が生じると漏電する危険性がある。さらに特殊鍼であるため製造コストも高くディスポーザブル鍼として適さない等の問題点があった。そこで我々はこれらの問題点を改善するために、最先端の医用電子工学を応用し、加温方式を高周波に変えることで、ディスポーザブルステンレス鍼の鍼尖周囲を任意に加温することに成功した。(著者抄録)
Description: 原著論文/日本語
URI: http://hdl.handle.net/10592/22653
Shimei: 東方医学(0911-7768)
Volume: 25
Issue: 4
Start page: 1
End page: 9
Appears in Collections:文献

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10592/22653

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

The database committee of The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion is managing this medical synthesis reference database. - Feedback